ビール工場見学

貯酒タンクの諸元
久々の投稿が芸術ネタでなくて恐縮だが、今日は友人とサントリーのビール工場見学に行ってきた。長岡京にある京都ビール工場である。
ツアーは、かなり平均年齢の高い団体と一緒だった。おじいちゃんたちのハイテンションにはついていけないや。と思ったりもしたが、巨大な仕込み釜や、高速で回る缶詰工程などは普通に見ていておもしろかった。

しかし、僕が興味をそそられたのは、見学順路のインスタレーションである。上の写真で床に投影されているのは、おそらく貯酒タンクの番号と容量などだと思われる。これが、貯酒タンクのセクションの廊下にいくつも投影されているのだ。おじいちゃんたちは気づいていないかもしれないけど、これは確かにアート。インスタレーションなんじゃないの。

酵母を表す青い光と酵母の映像
貯酒タンクの前のセクションは「発酵」だったのだが、そこの廊下は、青いスポット照明でライトアップされていた。そして、ツアーコンダクターの説明によれば、青い光は酵母を表しているそうな。これはもう抽象芸術の領域に入りかけてる。これを聞いて僕は、サントリーすごいな。と思った。
缶詰工程

で、結局アートっぽい話でまとめちゃったけど、結局お目当ては最後にゲストルームで試飲させていただけるビールなわけで、ザ・プレミアム・モルツと普通のモルツを飲み比べつつ、いい気分になって工場をあとにしました。

しかし、この日の予定はこれでは終わらないのです。そのお話はまた後日。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

CAPTCHA